全国人材支援事業協同組合

  • お問い合せ/資料請求
  • Facebook
  • twitter

Q.資料請求はできますか?

お問い合わせページより必要事項並びに資料請求と記載の上送信頂くか、直接お電話でお申し付けください。追って資料を送付させて頂きます。

Q.実習生の申し込みはどのようにすればよいのでしょうか?

お問い合わせページより必要事項並びに申込希望と記載の上送信頂くか、直接お電話でお申し付けください。追って担当者よりご連絡、お打ち合わせの上対応させて頂きます。

Q.実習生は何人まで受け入れる事が可能ですか?

申し訳ございません。申込より最低6カ月程度の日数が必要となります。余裕を持ってお申込み下さい。

Q.どんな職種が受入できるのですか?

制度によって受け入れる事が出来る業種・職種が定められております。外国人技能実習生の受入可能職種をご覧になって下さい。

Q.海外現地面接とはどのようなものですか?面接に行かないと受入出来ないのですか?

相手国の送出し機関が、企業様の要望される職種経験者を現地で募集します。その後厳しい審査によって絞りこまれた選考者に対し、企業様と組合の担当者が面接や試験によって選抜していきます。もし、現地への渡航が難しい場合は、ビデオ面接等で選別して頂くことも可能です。

Q.申請や手続きはどのようにすればよいのでしょうか?

受入国や地域、人数、職種等によって費用の変動がございますが、受け入れに必要な費用のページを参照してください。詳細なお見積りについては担当者よりご案内させて頂きます。

Q.受入にかかる費用はどのくらいかかりますか?

入国手続き、更新手続きなどの書類は全て私たち組合が一貫して対応させて頂きます。

Q.雇用契約はどのようになっていますか?

現地での面接、最終決定後に採用者と締結しますが、雇用契約の効力が発生するのは実際に企業様に配属された日からとなります。

Q.雇用条件書の作成はどのようにすればよいのでしょうか?

正規の社員として受け入れる為、労働関係法令や企業様の就業規則や給与規定に準じた条件の設定をする必要があります。当組合担当者が直接ご相談・ご説明差し上げます。

Q.仕事や言葉、生活習慣などは問題ないですか?

現地教育期間で入国前講習の日本語講習や日本の文化、風習、法律知識などの教育を受けます。又、職種に対する基礎知識などの教育も受け、企業様での実習にスムーズに対応できるようにしております。更には、入国後も当組合の講習機関において同様の講習を実施しています。配属後は担当者による定期的な訪問で企業様のサポートを致します。

Q.病気やけがの対応は?

雇用契約の下に社会保険が適用されますので、医療費の負担は軽減されます。又、傷害や死亡等、万が一の状況にも対応できるように保険加入が義務づけられていますので、安心して実習生を受け入れる事が出来ます。病院の付き添いなどについても、当組合の担当者が同行いたします。